ある日のレッスン♪ いつも子どもの発想力、想像力には驚きと感動ばかりです。 この日もドレミの読み書きをしていると・・・ ナント!音符が笑ってる♪ 写真の楽しそうな音符くんたちは、5歳の男の子たちが書きました。 「ドは帽子をかぶっているんだよ!」と言いながらドが笑顔の麦わらおじさんに変身! すると次の生徒が「楽しいね!笑ってて元気だから音符はひまわりだよ~みんな仲良し♪」と音符を書きました。 20130426180650     そして今度はドから下の音を生徒たちが書いていくと 「ドのおじさんが種(音符のこと)にお水をあげてだんだんと芽が出てきたよ!」 20130426180810    20130426180910 20130426180714    音符 一見ふざけているように思うかもしれませんが、こうやって楽しく創造しながらというのが 機械的に覚えるのではなく、楽しく音符が覚えられるんですよね。 お水をあげて種から芽が出て、だんだん成長して元気なひまわりの花が咲いたね!というストーリーが この音符くんたちにあるのがまた感動でした。