当教室では、8割以上コーチングでレッスンをしています。 コーチングとティーチングの違い・・・ ★ティーチングは「先生が生徒に教え込む」という従来の学校での授業スタイルです。 ☆コーチングは「先生は生徒の可能性、能力を引き出す」。 両者は全く違うもので、数年前から海外での学校授業や、オリンピック選手のトレーニングはコーチングで行っており、 近年では日本の学校でも「アクティブラーニング」という名前で授業が進められ、子どもたちの自主性、成績アップ、向上が証明されています。 「コーチング」は受け身ではなく、自分(達)で考え、教え合い、気付くのでピアノ演奏だけでなく、様々なことにみんなとても積極的で いつも教室は大賑わいです(笑)。 下記写真はグループレッスンでの一コマです^^ 何も言わなくても互いに教え合い、「先生できたよ~~♪」の声はみんな嬉しそうです♪ いざ発表♪ 「ちがうじゃん!!」(コテっ(;_;)/~~~)爆笑 はい、そんな時もありますが☆☆☆ 「何か気付いたことあるかな~?」の質問に みんな「ハイ!ハイ!ハイ!!!」 すごい勢いでみんな手を挙げてくれます! 「〇〇ちゃんど~~ぞ~~♪」 「えーっと、、、、、、、、、、、、、、、、、、、」 *わかっていなくてもまずは自信満々に手を挙げてるらしい・・・^^; 「今考えとるんかい!(突っ込み)」爆笑 もう最高です(^_-)-☆ 間違ってもOK!まずは自分の思い、考えを言えるのは天才です!!!